HOME>レポート>食育アドバイザーという無敵の資格【人々を健康にできる】

食育アドバイザーという無敵の資格【人々を健康にできる】

食材

食の幅広い知識とスキル

仕事や学業におけるスキルアップ、生涯学習の一環、趣味など様々な理由から老若男女問わず人気のある「資格取得」ですが、昨今特に注目を集めているのが「食」に関する資格です。その一つが食育アドバイザーです。食育アドバイザーが持つスキルは専門的な栄養学や健康に良い食生活を実践するための献立など、食に関する様々なスキルです。食育と聞くと子供の食事がイメージされがちですが、成長盛りの思春期や女性にとって最も大切な妊娠・授乳期、生活習慣病等が懸念される中年期など、色んな世代に対して食の観念から健全な生活を送るための多くの知識が必要になります。料理のプロといえば調理師、栄養学のプロと言えば管理栄養士ですが、食育アドバイザーはそれら食関連の資格の必要スキルを少しずつ取り入れ、幅広く色々な知識や技術を必要とする資格です。

女性

通信講座で合格率70%

食育アドバイザーは調理師や管理栄養士など、他の食関連資格とは違う点がいくつかあります。まずは専門学校の卒業など受験資格がない事。特に仕事をしている人や家庭をもった主婦にとって受験資格がないのは嬉しいことです。また、受験日が決められていない事、在宅試験での取得が可能である事も特徴であり、チャレンジしやすい理由ではないでしょうか。この食育アドバイザーという資格は、子供が生まれた事をきっかけに食育を深く学びたい人や、今現在すでに介護施設や保育園、食品を扱う店など何かしら「食」に関連した職に就いている人が多く目指す資格です。そこで活用されているのが通信講座です。勉強期間は約3ヶ月、講座費用の相場は3万円、検定試験は講座修了時点でいつでも受験可能です。また、テキストを見ながらの在宅受験が可能で、合格率は70%を超えています。