>トピックス>将来の仕事に繋がる〜公認会計士の資格取得方法〜

将来の仕事に繋がる〜公認会計士の資格取得方法〜

電卓

公認会計士とは?

企業が法律に即した経営を行っているかを監査するのが、公認会計士の役割です。企業の収支を細かくチェックして、粉飾決算が行われていないかどうかを判断する義務があります。

女性

公認会計士の収入目安

公認会計士の収入は大体800万円程度なので、国内の大手企業に勤めるよりも稼ぐことができます。実力によって収入は異なるので、働きが認められれば年収1000万円を超えることも珍しくありません。

公認会計士になる方法

電卓

専門学校で学ぶ

専門学校に通えば、講師から直接指導を受けることができます。分からないことはすぐに質問できるというのは大きなメリットだといえるでしょう。

通信講座で学ぶ

仕事や家事の合間に学びたいという人には、通信講座がおすすめです。自分の都合に合わせて隙間時間に無駄なく勉強できます。

独学で学ぶ

以前公認会計士を目指していた人など、ある程度予備知識があれば独学でも試験に合格することはできます。独学で勉強してみて難しいと感じたら、専門学校や通信講座に切り替えると良いでしょう。

自分に合った方法を選ぼう!

どこで学ぶかという点よりも、どのような方法なら資格取得が可能かといった点が重要だといえます。公認会計士を目指すには一年程度学ぶ必要があるので、無理なく勉強しましょう。

公認会計士以外の人気の高い士業一覧

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 行政書士
  • 通関士

働きながらでも公認会計士は目指せる

通信講座を利用すれば、仕事を持った社会人でも公認会計士の勉強を行うことができます。平日は仕事をして週末に集中して勉強するなど、自分のタイミングで公認会計士を目指せます。

公認会計士と税理士の違いとは?

公認会計士

企業の財務諸表を厳しくチェックして、不正を防ぐのが公認会計士の役割です。そのため、依頼者は大手企業である場合が殆どです。

税理士

納税者の代わりに納税手続きを行うのが、税理士の役割です。企業や個人に雇われることが多く、納税だけでなく税金に関するあらゆる相談を受けます。